カテゴリー
コンピュータ

MiracastでSamsung Smart TVを使おうとするも…


実は昨年タイでお引越し。

それに伴い、物件備付のTVはHDMI端子のなかったSamsungのTVから同Samsung製SmartTVにアップグレードされた訳で、しかも2台も部屋に備え付けられている。とは言え、映るものはタイのローカル番組とTV plusで韓国の番組が見られる程度になってしまい、NHK Worldが映っていた前と比較するとどうしてもコンテンツは劣る。Smart TVという訳でAmazon Primeに対応しているけど日本のアカウントは非対応という訳でただの置物と化していた。

ある日Windowsから見て見るとどうやらMiracast対応TVだった様で、ワイヤレスディスプレイとして接続できる模様。拡張ディスプレイ扱いで使えたらいいなあとかちょっと期待を膨らませて接続してみる。

使って見たものの結果は散々。GIGABYTE GA-AB350N-Gaming WIFI搭載のIntel Dual Band Wireless-AC 3165とTVの相性が良くないのか、映像は1秒間に1度、調整されていないアナログディスプレイの様にぼやけるフレームが数フレームあるので映像・静止画は見るに堪えない。音楽は最初流せてたので、最悪、スピーカー代わりに使えるかと思えば、そんな事もなく、Let’s Pop Togetherや元ネタのLet’s Grooveを流そうとすると音が飛びまくる始末でした。やっぱり圧縮が苦手なジャンルがあるのかな。

既にTV側のFWは最新版、PC側の関連デバイスのドライバが最新版という事を考えると、解決する(綺麗な画と音を得る)ためには素直にHDMIケーブルを這わせるしかなさそうですが、9mのHDMIケーブルを2本となると意外と高コストなので費用対効果考えると微妙ですね。ちなみにホストとクライアント機器の距離は直線距離1.5m程で障害物もないので距離による減衰とかでは無さそうですが。うーん、Miracastはこんなものなのですかね?

どうでもいいことですが、投稿時間が2020年02月02日 20時02分でした。0と2で綺麗に決まって嬉しいなという気持ちともう2月…と思う何とも言えない気持ち。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください